キャッシングのリボ払いの本質とは

普段の生活の中でも急にお金が必要になる場面は少なくありません。そして、お金の急な必要に対して持ち合わせがなければキャッシングを利用することもあるでしょう。しかし、考えておかなければならないのはキャッシングには金利があり、利息をプラスして返済しなければならないということです。金融業者のキャッシングの返済方法はリボ払いが多いですが、利息がかさむことにおいてはリボ払いは注意が必要です。

リボ払いは借入元本から金利に基づいた利息を計算しますが、借入元本が多いほど当たり前ですが利息額も大きくなります。しかし、返済は一定の金額しか返済しませんから、返済金額が小さくなっているリボ払いでは利息額を返済すれば、残りの借入元本に返済する金額は小さくなってしまいます。つまり、翌月に繰り越される借入元本があまり減らないということなのです。そうなれば、翌月以降のあまり減っていない借入元本からの利息計算ですから、利息額は大きいままでやはり借入元本の返済にはあまり当てられないということが完済まで続くのです。

リボ払いは選択しないほうがいいといえますが、リボ払いを選択した場合には繰り上げ返済などを活用して借入元本を早く減らすようにすることが自分のためなのです。

このページの先頭へ