医療費の支払い代としてキャッシングに助けられました

お金というものは当然持っている分だけ嬉しいものですが、やはりそうは問屋が卸さないということでお金はいつも足りないという風になっていまた。別にそこまで貧乏な生活ということでもないのですが、最近だと正社員でも年収が下がってきているという風になってきているので、一人暮らしでも割りと生活費などが苦しくなってしまう時もありました。個人的に生活費がきつかったのが急に入院をすることになった時であり入院費が想像以上に高いということにはおどろきました。入院費自体はなんとか支払ったのですが、それで生活費が尽きてしまったのでキャッシングを検討してみたという経緯がありました。一応高額医療費制度もあったのですが一度は自分で支払ってからの還元となるので、その辺はちゃんと貯金しておかないと駄目だなと痛感しました。

自分が借りようと思ったのは銀行系のカードローンでしたが、一応は正社員ということで審査面ではそこまで危ない面はないとは思っていました。事実としては特に問題なく審査には通過したのですが、銀行系のカードローンということもあり借り入れまでに数日の期間を置かないと駄目ということになったのでこの辺は少々焦ったりもしました。流石に実家にすがるというのもこの歳でどうかなと思ったので、その月はカードローンで借り入れが無事にできるまでは節約をして、その後の借り入れによって方方の支払いをなんとか終えて乗り越えました。返済に関してはボーナス時の一括返済を上手に使えたので、返済回数を抑えて金利も少なくて済んだのでおすすめです。

このページの先頭へ